その他
 ボールに対するレシーバーの読み
 次を考えるプレー
 レシーブ力をつける練習
 イメージする
 回転の少ないボール
 ボールにドライブをかける
 セッターとセンター
 身長を補う
 声で伝える
 バレーボール選手のセンス
 ブロックを見る
 攻撃の要
 基本は手!
 セッターに注文をつけない


HOME >> 回転の少ないボール

バレーボールは、ボールの回転数を減らすことで、とても効力を発揮するスポーツです。

その一つにサーブがあげられます。

回転数を減らすことによってさまざまに変化をします。空気抵抗をうけたボールは、左右に揺れたり、急に沈んだり、延びたりします。

次にレシーブがあげられます。

レシーバーは、セッター(次にボールにさわる人)がトスの上げ易いボールを与えなければなりません。セッター(次にボールにさわる人)はどんなボールが上げやすいのでしょうか。それは軽いボールです。軽いボールとは回転の少ないボールだと考えます。

最後はスパイカーにトスを上げるセッターです。

スパイカーまで届きそうにないボールに、故意に回転を付けて遠くに飛ばすというやり方があるらしいですけど、基本的にトス全般に言えることは、回転の少ないボール(軽いボール)です。スパイクを打つ選手も打ちやすいはずです。


素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO