その他
 ボールに対するレシーバーの読み
 次を考えるプレー
 レシーブ力をつける練習
 イメージする
 回転の少ないボール
 ボールにドライブをかける
 セッターとセンター
 身長を補う
 声で伝える
 バレーボール選手のセンス
 ブロックを見る
 攻撃の要
 基本は手!
 セッターに注文をつけない

HOME >> ボールにドライブをかける

ドライブをかけてスパイクやサーブを打つことは、よくあることです。

ドライブは、スナップを利かせて、肩や腕などで巻き込むような感じでボールを打ちます。

スパイクやサーブなどで相手コートにドライブをかけて打ったとき、ネットに掛けてしまうケースがありますけど、それは腕の振りが小さくなってしまった結果です。

なのでボールにドライブをかけるときは、腕の振りは大きくすることが大事で、そうすることによってボールにより回転がかかって、効果的に打つことができます。

それと、もう一つ大事なことは、ボールの軌道(動き方)を考えて打つということです。

自分の打ったボールがどのように動くのか。ドライブをかける時と普通に打つ時とでは、ボールの軌道は当然違いますから、その部分を意識してボールを打つことが大切です。


素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO