その他
 ボールに対するレシーバーの読み
 次を考えるプレー
 レシーブ力をつける練習
 イメージする
 回転の少ないボール
 ボールにドライブをかける
 セッターとセンター
 身長を補う
 声で伝える
 バレーボール選手のセンス
 ブロックを見る
 攻撃の要
 基本は手!
 セッターに注文をつけない

 

HOME >> レシーブ力をつける練習

レシーブをするということは、コート(床)にボールを落とさないように頑張るゲームをしているのだと考えたらいいのではないでしょうか。コートにボールを落とさないゲームに集中することによってレシーブ力は必ず上がります。

一番効果的だと思う練習方法は、対人レシーブです。二人で打って、拾って、お互いに頑張るゲームをすれば必ずレシーブ力は上がります。

対人レシーブをする上で大切なことは、アタックする側の人が思いっきり打ってあげることです(レシーブのときは、思いっきり打ってもらう)。簡単に拾えるボールでは意味がありません。

また、相手のレベルが未熟だと思うのなら、相手がはじいたボールなどを必死で拾ってあげて、できるだけラリーを続けることが大事です。続けて続けて拾いまくります。どんなボールであってもあきらめず拾いにいくことが大切です。

上記のことを行なうことによって、スパイクレシーブ、フライングレシーブ(スライディングレシーブ)、スパイクに対する読み、反射などレシーブのほとんどの技術が身に付きます。


☆サイドで他の選手たちが対人レシーブをしている場合、そちらにボールが飛ぶことがけっこうあると思います。そういったときでもできるだけボールを拾いに行ったほうがいいです。

他の選手にぶつからないようにしなければならないので、広い視野を身に付けることができます。




素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO