レシーブ系
 サーブレシーブ
 スパイクレシーブ(レフト編)
 スパイクレシーブ(センター編)
 スライディング・フライングレシーブ
 ジャンピングサーブをレシーブする
 ブロックフォロー
 スパイクに対するレシーブの姿勢
 リベロ
 ネットプレー

 

HOME >> ブロックフォロー

ブロックフォローとは、味方選手がスパイクを打ったとき、ブロックされたボールをフォロー(拾う)することです。

ブロックされたボールは、あちこちにとんでいきます。真下に落ちることもありますし、コートの奥(エンドライン付近)にとんでいくこともあります。

ブロックをフォローするために必要なことは、コートを全体的に守ることです。つまりコートに穴をつくらないことです。どの場所にボールがいったとしても必ず拾える選手がいるということが大事です。


ブロックの真下でフォローする選手は、すばやくボールに反応しなければなりません。スパイカーの打ったボールが、ブロックに当たって必ず来る。そう思ってレシーブに集中しなければなりません。そうでないと拾えるかもしれないボールも拾うことができなくなってしまいます。

なるべく体全体を平らにして面積を大きくするのも一つの考えです。どこでもいいから体の一部に当てて、ボールを拾うという気持ちも大切です。

後衛でブロックフォローする選手は、上記でも書きましたけれども、全体的なバランス(穴を埋める)を考えなければなりません。後ろのほうで守る選手は、前のほうでフォローにつく選手よりも比較的勢いの弱いボールがくる反面、動かなければならない範囲が広いです。

スパイクレシーブをするような気持ちで、ブロックから跳ね返ってくるボールに対応するのも良いのかもしれません。




素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO