レシーブ系
 サーブレシーブ
 スパイクレシーブ(レフト編)
 スパイクレシーブ(センター編)
 スライディング・フライングレシーブ
 ジャンピングサーブをレシーブする
 ブロックフォロー
 スパイクに対するレシーブの姿勢
 リベロ
 ネットプレー


 
HOME >> スライディング・フライングレシーブ

スライディング・フライングレシーブできれいにボールを拾えた時は、とても気持ちの良いものです。しかも狙ったポイントにボールを運ぶことができた時は、最高です。

これは、ボールに向かって飛び込んだ体を床に滑り込ませるときに、すべての重さを胸で支えているからできるわけです。

しかしながらもったいないことに、スライディング・フライングレシーブのとき、ボールを拾う前に、手のひらですぐ支えて体を守るような動きをするケースがあります。怪我をしないように手のひらで支えるわけです。

床に手を持っていかずに、手をボールに持っていった方が(床を胸で受け止めた方が)いいプレーができるのにもったいないです。

その方が、もっと低いボールがとれるし、遠くまでジャンプできるからです。

最初のうちはあごを床に打ち付けたり、腰の両脇が擦りむけたりと大変かもしれませんが、いつの間にか手を床につかずにスライディング・フライングレシーブすることができるようになります。

まずはしっかり拾う(しっかり手に当てる)

ボールを自分の思った所へ上げるために重要なことは、、スライディング・フライングレシーブをして、しっかりボールを拾うことです。着地のことは、ほとんど考えないことです。自分の上げたい場所にボールを上げることに集中することが大切です。




素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO