レシーブ系
 サーブレシーブ
 スパイクレシーブ(レフト編)
 スパイクレシーブ(センター編)
 スライディング・フライングレシーブ
 ジャンピングサーブをレシーブする
 ブロックフォロー
 スパイクに対するレシーブの姿勢
 リベロ
 ネットプレー

 

HOME >> ジャンピングサーブをレシーブする

ジャンピングサーブは、大変回転の多い(ドライブのかかった)サーブです。その回転をいかに殺すかが重要です。そうすることでセッターにボールがいったとき、セッターはトスを上げやすくなります。

では、どのようにサーブレシーブをすれば回転を少なくできるのかいうと、ボールをレシーブする瞬間に(ボールを引き込みながら)腕を後ろの方へすばやく引き込みながらレシーブするといいです。そうすることでボールの勢いが殺せます。

ジャンピングサーブは大変スピードのあるサーブです。サーブが放たれてから移動する余裕はあまりありません。なのでもし、体勢がくずれてしまうようだったら、ボールを高く上げてみるのもいいです。

高くボールを上げることによって、ボールの勢いも抑えることができます。

体全身を使う

ボールをすばやく引き込みながら行えばいいと上記に書きましたが、これは腕だけでなく、体全体を使って引き込むということです。腕だけでボールの勢いを殺すには限界があります。

上手な選手は、体全身で後方にすばやく移動させながら引き込み、ボールの勢いをなくしています。




素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO