スパイク系
 1人時間差
 スパイクを打つタイミング
 スパイク助走の工夫
 エアフェイク
 クイックスパイク
 フェイント
 ストレートとクロス
 ブロックアウトを狙う


 

HOME >> ブロックアウトを狙う

              ブロッカーの手

ブロックアウトを狙うときに、相手ブロッカーのどこを狙えばいいのかは、上の図の赤で囲んだ部分です。手の部分@と手首からひじにかけてのサイド部分Aです。

@の部分でブロックアウトを狙ったとき、

指先に当たったボールは、はじかれて、エンドラインの後方にいきます。比較的弱い力のスパイクでもしっかり指先に当てることでエンドライン後方へボールは飛んでいきます。

指先に当てるということが大事で、もし指先より下の部分に当たった場合、ブロックされたり、チャンスボールを与えてしまうことがあるので注意が必要かもしれません。

また、手のひらに当ててサイドに出すこともできます。この場合ある程度、力が必要です。相手ブロッカーに捕まらないように力いっぱいボールをぶつけた方がいいです。

タイミングを遅らせて、ブロッカーの手の力が抜けるのを待ってから、サイドに思いっきり打って出すのも一つの方法です。

Aの部分でブロックアウトを狙ったとき、

Aの部分でブロックアウトを狙うのはかなりの技術が必要な気がします。それは少しでも内側にボールが入ってしますとスパイクがブロックされる可能性があるからです。

手のひらに当てることと違って、芯がある部分(比較的硬い部分)なので精確にボールを当てなければなりません。

広い視野が必要

ブロックアウトを精確に狙うためには、セッターの上げたボールとブロックの両方が同時に視野に入っていなければいけません。その二つが目の前で重なったときが、ボールをブロックに当てた時です。

素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO