スパイク系
 1人時間差
 スパイクを打つタイミング
 スパイク助走の工夫
 エアフェイク
 クイックスパイク
 フェイント
 ストレートとクロス
 ブロックアウトを狙う


 

HOME >> スパイクを打つタイミング

バレーボールにおいてスパイクを打つときに、より高い位置でボールを打ったほうがいいという基本があります。しかしこれは、自分に合ったトスがセッターから上がった場合の話です。

実際はそうでないこともあり、ボールを打つタイミングを自分で決めなければならない状況も多々にあります。

そういった場合、自分自身でわざとタイミングをはずした(合わせた?)打ち方をすることがあります。

センター選手の場合でいえば、(Aクイック)トスされたボールがまだ頂点まできていないのに打つ(速めに打つ)ケースがあります。相手選手のブロックが出てくる前に床に落とすためです。

また、レフト選手の場合でいえば、いつものポイントよりちょっとだけボールが落ちてくるのを待ってから打つケースもあります。ブロックへのタイミングをはずすため(手の力が抜けたところにボールを当てて、ブロックアウトを狙うなど)です。

すべてにおいてスパイクを打つタイミングを変える必要はありませんが、変えることによって相手選手(レシーバーやブロッカー)のリズムや思惑をかわすことができます。また、自分自身のスパイクをより効果的に打つことができます。




素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO