スパイク系
 1人時間差
 スパイクを打つタイミング
 スパイク助走の工夫
 エアフェイク
 クイックスパイク
 フェイント
 ストレートとクロス
 ブロックアウトを狙う


 

HOME >> クイックスパイク

より速く

クイックスパイクの種類には、Aクイック・Bクイック・Cクイック・Dクイックがあります。クイックスパイクは、その名のとおり、いかに速く打ち込むか、が重要です。

より小さく

より速く打ち込むためには、なるべくスパイクを打つための動作を省くことが大事です。打つために必要な助走や歩数を最小限にして、スパイクフォーム{バックスイングや肘上げなど}の動作をより小さくしなければなりません。

待つ

クイックを打つ選手は、相手センター選手を引き付けなければならないという役割があります。引き付けることによって、ブロックが二枚になる可能性を低くすることができるからです。{サイド攻撃など}

相手センター選手を引き付ける{ブロックに跳んでもらう}ために、クイックを打つ選手は、セッターがトスを上げる前に跳んでいることが大切です。そして、トスを待って、セッターがボールを上げたら、コースを考えて、素早くヒットする形がベストです。

裏技

裏技というわけでもないのですが、ある程度ネットから手が出る選手だったら、手首のスナップだけでボールをコートに落とすというプレーがあります。

特にAクイックなどでは使いやすい手法かもしれませんが、ジャンプして手をネットの上に掲げておくというものです。セッターはその手のひらを狙って素早く上げます。後は、クイックを打つ選手は、コースを狙ってスナップだけでボールを叩くだけです。




素人が考えるバレーボールへ戻る










SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO