スパイク系
 1人時間差
 スパイクを打つタイミング
 スパイク助走の工夫
 エアフェイク
 クイックスパイク
 フェイント
 ストレートとクロス
 ブロックアウトを狙う


 

HOME >> ストレートとクロス

スパイクを打つ時の最大の敵は、相手のブロッカーです。

いかに相手のブロックを避けてスパイクを決めることができるのか、に懸かっています。

ストレートとクロス(インナー)

ブロックを避けるためには、ストレートやクロスの打ち分けができないといけません。

また、助走からスパイクを打つときまでの体の向きが同じであればブロックに捕まる可能性は増すでしょうし、打てる範囲も狭くなってしまいます。

ですので、ストレート方向に向きながら、クロス(インナー)に打ったり、またその逆もあります。センター付近からレフトへ助走して捻ってクロス(インナー)もあります。さまざまです。

助走の入り方を工夫し、ストレートやクロスの打ち分けをすれば、打てる範囲は拡がるし、ブロックに捕まる可能性も少なくなります。

ブロックを意識した練習を!

相手のブロックに捕まらないためには、常にブロックを意識した練習が必要になってきます。

練習のときに誰かに飛んでもらうのが一番いいですけど、それができないのであれば、頭の中でイメージして打つことが大事です。

スパイク練習をする時にコートの角やラインぎわを意識して打ち込んでみるのもいいかもしれません。真下にスパイクを打ち込むのではなく、ボールの線(着地点までの長さ)を長くして、ラインぎわを狙っていくことが大切です。




素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO