スパイク系
 1人時間差
 スパイクを打つタイミング
 スパイク助走の工夫
 エアフェイク
 クイックスパイク
 フェイント
 ストレートとクロス
 ブロックアウトを狙う


 

HOME >> スパイク助走の工夫

スパイクを打つときの対策として考えなければならないことの一つと言えば、相手ブロッカーが挙げられると思います。相手選手が1人ブロックについただけで、スパイカーの打つことのできる範囲は狭くなってしまいます。

なのでブロックにつかれないようにスパイカーは助走を工夫する必要があります。

例えば、Aクイックの場合で考えると、


                   


C→AやB→Aなど助走を工夫できます。相手ブロッカーは助走を行う前のスパイカーの位置を基準にブロック態勢にはいります。ですので、Aクイックにはいる前にBクイックの通常助走位置にいれば、相手ブロッカーは正面についているはずだと考えることができます。

重要なことは、違うクイックを打つぞと思わせることです。直線的に助走をすることもいいかもしれませんが、曲線的に助走することも手段の一つ。C→AやB→Aのような助走ではいることによって、相手のブロッカーは移動しなくてはなりませんので、その分遅れます。




素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO