スパイク系
 1人時間差
 スパイクを打つタイミング
 スパイク助走の工夫
 エアフェイク
 クイックスパイク
 フェイント
 ストレートとクロス
 ブロックアウトを狙う


 

HOME >> エアフェイク

スパイク助走の工夫のときに書いたことの延長になると思いますが、スパイクの打ち方にエアフェイクというものがあります。

エアフェイクとは、空中で体を移動させ、ブロックをかわしてスパイクを打つ方法です。高度な技術が必要です。そして、空中にいる時間も長くてはなりません。

移動しながら打つということは、AクイックでスパイクにとんでCクイックの場所で打つとか、BクイックでスパイクにとんでAクイックの場所で打つなどです。とんだ場所と打つ場所が違うことが重要です。

エアフェイクはちょっとした工夫が可能です。それは少し移動する方向へ近づいて打つというやり方です。つまり、BからAにエアフェイクする場合、実際のBの位置ではなく、Aに少し近づいた位置でとぶというものです。

そそうすることにより、距離が短くなります。空中にいる時間も短くすることができます。


またエアフェイクはあくまでもブロック対策です。上の例で話を進めると、本当はAクイックの場所で打つのだけれども、Bクイックで打つと思わせれば良いということです。

そこで一つのテクニックとして声でだますという方法もあります。

つまり、実際はAクイックにとぶのだけれども、「B!」と言って助走するということです。相手選手のブロッカーはその声を聞いているはずです。

☆声で相手選手のブロッカーをだます方法は、セッターとサイン確認が事前になされたとき以外は行わない方がいいかもしれません。その声にセッターがだまされる可能性もあります。




素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO