スパイク系
 1人時間差
 スパイクを打つタイミング
 スパイク助走の工夫
 エアフェイク
 クイックスパイク
 フェイント
 ストレートとクロス
 ブロックアウトを狙う


 

HOME >> フェイント

スパイクは、速くてパワーのあるものだけではありません。緩急を付け、相手の予測を裏切る形でポイントを取る技術も必要です。

フェイント

ブロックがあってどこにも打ち込めるコースがない時やトスとのタイミングが合わない時などに使うことがあります。

しかし、一番効果的に使うフェイントというのは、相手の選手たちが強打のスパイクでくると思っている時です。つまり、上記の2つの例以外のときです。

フェイントを決めるためには、強打で打つときとフェイントするときのスパイクフォームが、打つギリギリまで同じである必要があります。

強打でもなくフェイントでもない

強打でもなくフェイントでもないスパイクとは、強打を打つように腕を振り、ボールを手の間接部分(指だけ)でこするようにして打ち放つスパイクです。

ボールには逆回転がかかり、スキー板が雪の上を滑るようにスッと落ちていきます。




素人が考えるバレーボールへ戻る












SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO