トス・パス系
 オーバーハンドパス
 二枚セッター
 二段トス

 


 
HOME >> 二段トス

二段トスとは、フロントゾーン以外からのスパイカーへのトスのこと言います。バックゾーンやサイドラインの外側からのトス、またはサービスゾーン辺りからのトスがそれにあたります。
                 
二段トスを行う場合、注意しなければならないことは、スパイカーの打ちやすいトスを上げることです。もし攻撃につなぐことができなければ相手にチャンスボールを返してしまうことになってしまいます。

上の図で説明しますと、Aのポジションからの二段トスのの場合、

トスはなるべくライトに上げる方がスパイカーは打ちやすくなります。ライトスパイカーはトスが見やすい形でスパイクを打つことが可能になります。レフトスパイカーにトスを上げるとボールを背中から見ることになるので、大変打ちにくくなります。

Cのポジションの場合は、Aのポジションの反対です。
レフトスパイカーにトスを上げたほうが、スパイカーは打ちやすくなります。

問題なのはBのポジション辺りからの二段トスです。ここからのトスはレフト、ライトどちらにも上げることが可能です。

しかし、その代わりにスパイカーのほうが動く必要があります。

スパイカーはトスされたボールを打ちやすいようにイのポジションからロのポジションへ移動し、できるだけボールが見えやすくなるようにしたほうがいいです。

☆二段トスのときは、できるだけ高くボールを上げたほうが、スパイカーはよく見えて打ちやすくなります。また、トスをセンターよりに上げてあげれば、レフトやセンター選手は、位置を大幅に移動せずに打つことができます。




素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO