トス・パス系
 オーバーハンドパス
 二枚セッター
 二段トス

 

HOME >> オーバーハンドパス

オーバーハンドパスとは、おでこの上あたりで両手を使ってボールをパスをするものです。

基本的には、おでこの上で両手の親指と人差し指をつかってきれいな三角形を作ればいいと言われています。そして、使う指は両手三本ずつ、親指と人差し指と中指です。薬指と小指は添えるくらいで、使わないです。

次にオーバーハンドパスの動作について考えてみます。オーバーハンドパスは、腕や手(上半身)を使ってパスを出すという感じがしますが、実際は下半身の方もとても重要です。

それは膝(ひざ)の屈伸です。

腕の筋力だけではなく、膝の屈伸といっしょに、体全身のバネでボールを運ぶことが大切です。そうすることで、安定したオーバーハンドパスが行うことができます。

しっかりとボールに力を伝えるためには

肘の開き方が、広すぎても狭すぎてもダメで、両肘でハの字を作る感じですれば、うまく力をボールに伝えることができます。




素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO