サーブ系
 フローターサーブ
 ジャンピングサーブ
 天井サーブ

 

HOME >> 天井サーブ

天井サーブとは、ボールをアンダーハンドで大きく打ち上げ、相手のコートに真上から落とすサーブです。アンダーサーブの最上級バージョンです。

相手コートの何処に落とすか?

一番効果的な場所は、ネットの近くになるかもしれません。ボールが、ネットの近くにいくことによって、レシーブが極めて難しくなります。(ネットが視野に入る、セッターとの距離が近いなどです。)

また、そのことによりクイック系スパイクのタイミングがずれることもあるかもしれません。しかし、ネットの近くにボールを落とすことは非常に難しいので、かなりリスクがあります。

まずは、相手コートに入れることを優先することが大事です。

高ければ高いほど効果的!

できるだけ高くボールを打ち上げた方が効果的です。上の方から落ちてくるボールは、高ければ高いほど、つまり落ちてくる時間が長いほど、レシーブする選手はタイミングをとることが難しくなります。

手の力だけで打たない

天井サーブは手の力だけではなく、膝の屈伸(下半身)と連動した打ち方が必要です。そうすることでサーブに安定性が増し、またボールを高く飛ばすことができます。

手の動きと膝の屈伸の動きにタイミングを合わせてサーブを打ち、打った後は、体が上方へ伸び上がってしまうぐらいがいいです。




素人が考えるバレーボールへ戻る











SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO